炎症性色素沈着

ニキビ跡などのシミの正式名称は「炎症性色素沈着」

ニキビや傷などによって炎症が起こったあとにできるシミのことを「炎症性色素沈着」と呼びます。

特徴は傷跡が茶色くシミになって残った状態です。ニキビができやすい部位【アゴ・頬・額】などにできる人が多いですよね。

虫刺されでのシミもこのタイプに当てはまります。

炎症性色素沈着は時間がたてば、消えることも多く、また美白化粧品やシミにいいクリームなどを使うことが有効になっています。

紫外線の影響でできるわけではないので、しっかりとケアすれば治しやすいタイプのシミでもあります。

ただニキビなどを繰り返し、潰していると肌が凹凸状態になり、クレーターになってしまいます。ここまで悪化してしまうと個人で修復は困難になります。


このタイプのシミは傷がシミになるなどのタイプになります。とくにニキビができやすい部位にできることが多いです。