そばかす

遺伝的要素の強いシミは「そばかす」

小さいシミのことは「そばかす」といった名称で呼ばれていますが、基本的には遺伝的なものをさします。そばかすは3歳ごろから現れて、思春期に目立つようになってきます。

紫外線の当たる部位や鼻を中心として散らばることが多いのも特徴です。

ですが、そばかすは年齢と共に減少する傾向があるんですよ。

そばかすは白人に多く見られ、日本人も色白の人に多く見受けられます。

遺伝的な要素が強い症状とされていて、美白化粧品などでは、あまり効果を示さないので、美容皮膚科などでのレーザー治療が一般的な改善方法とされています。


そばかすは遺伝的な要素が強いシミです。また思春期にもできやすい特徴があります。もっと詳しいことは記事をごらんください!