シミの原因

紫外線だけじゃない!シミのになる5つの原因!

シミは一般的にはホルモンの関係や紫外線などが原因とされていますが、その他にもいくつかシミの原因になることがあります。シミの原因になりうることを5つピックアップしてみました。

●紫外線

これは多くの人が知っていることだと思いますが、紫外線にあたると、メラニンの増殖が起こります。これによりシミになる可能性がでてきます。特に日光に当たる時間が長ければ長いほど、その可能性が高くなります。海水浴などで強い紫外線を受けるのはシミが増える大きな原因となっています。

●外的刺激

皮膚に対して、強すぎるマッサージなど過剰な摩擦を与えるとシミなる可能性がでてきます。

●ストレス

シミができやすい人は心の悩みやストレスを抱えていることが多くあります。ストレスが脳下垂体を刺激して、メラノサイト刺激ホルモンを分泌するために起こります。そのため精神的影響はシミができやすい要因とされています。

●合成化粧品

皮膚にとって異物はシミの原因となります。メイクアップやスキンケア商品がシミの原因になる場合もあります。

●ホルモンの影響

妊娠、出産、更年期のホルモンバランスの乱れはシミを引き起こします。妊娠の場合は妊娠1〜2ヶ月目にシミが目立つようになります。このようなシミ症状は妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)と呼ばれます。通常は分娩後2〜3ヶ月すると自然に消えるのが特徴です。

また加齢により肝臓・卵巣の機能が低下すると、日光に対して皮膚の反応が敏感になるため、シミができやすくなります。これは中年以降の女性に多く見受けられます。


主なシミの原因をピックアップしてみました。シミといえば紫外線やホルモンの関係が大きな原因とされていますが、実はそれだけではないのです!