老人性色素斑

紫外線の影響でできるシミ!老人性色素斑!

シミの中で最も多いタイプとされるのが、老人性色素斑です。

この種類が一般的にシミと呼ばれています。このシミの原因は紫外線です。紫外線を防ぐことで予防になります。

老人性色素斑のでき始めは薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりと出てくるのが特徴的です。また40代以降になると顔だけでなく、手の甲や前腕にも濃く現れるシミでもあります。

初期状態でしっかりとケアをすれば、効果があるとされています。

ですが、定着したシミに対しては美白化粧品等では効果が薄くなってしまうので、でき始めからのスキンケアが非常に重要となります。


多くのシミはこのタイプが当てはまるといってもよいでしょう。別名を日光性黒子とも呼ばれます!